2020 JULY 花野純子 DIARY

 

老舗の
レストランへ

2020年7月31日(金)

7月を乗り越え、実家の浦辻家のお墓まいりへ行きました。その後、大濠公園の平和楼へ。今年もまたここで五目麺を食べ、亡き家族を偲びました。あまり幸福な家族ではありませんでしたが、だからこそ今の家族を大切にし親孝行もしたいのです。

真夏の
草取り

2020年7月30日(木)

飯塚の花野家へ帰り、草取りや水撒きなどしながら、合間にスマホを使ったZOOMで会議しているとは、何とも効率が良い時代になりました。庭の手入れは好きですが、さすがに汗だくになりました。

河辺
夏の宵

2020年7月29日(水)

7月が無事に終わりそうです。今日は楽しくしようとアイランドアイのフードウェイまでドライブ。貝づくしや海老づくし、海鮮巻きなどのお寿司を買い込んで夕食としました。

もうすぐ
梅雨が終わる

2020年7月28日(火)

授業が休講になりました。余裕が発生して、自宅で主人と、これまで粛々と進めてきた事を完成。コロナで様々、私の生活にも変化がありました。でもこれはこれで受け止めて悪いことにはなっていません。新しい変化に戸惑っていますが、チャンスでもあるはずです。

「アルチュール・ランボー詩と手紙」
梅雨明け待ち

2020年7月27日(月)

今日はコロナ以来復活したオフィスでの作家塾、清々しく再会したかったのに、雨と湿気と暑さでマスクまでびしょ濡れになって登場。変わり果てた私の姿でしたが、そっとティッシュを差し出して頂いたのでした。

エンタメを変える
ウイルス

2020年7月26日(日)

出演者全員揃って通し稽古できました。演技する時はマスク外してやっていますが、全国的に次々に舞台公演中止となっている状況下で、葛藤は絶えません。ステイホームは正義ですが、活動がなくて生活や人生も成り立ちません。現状の中で冷静に中道を貫きたいのです。

多忙な
土曜日

2020年7月25日(土)

日中は学生と別の映画を撮影してました。屋上での撮影で暑かったですが楽しかったです。夕方からは作家塾へ。私の場合マスクは口しか覆っていないのですが、意味ないらしいですね。飛沫は飛ばないと思いますが、鼻からしか空気吸ってない動物なので許してください。

清廉潔白な
精神が問われています

2020年7月24日(金)

日々精進したいと願っていますが惑い揺れる現実もあります。写真は映画「Soul of Love」最新の撮影の男前な私ですが、お茶席で宝石の商談を執り行っています。撮影が終わって体重が1キロ減って、じっとしてて痩せることもあるのだと驚いたのでした。

昨日の
ランボオ

2020年7月23日(木)

昨日のランボオを編集する間も無く、毎年この時期になると忙殺されています。貴賓館では良い絵が撮れたと思います。今日は私事で多忙。冷静で強い私になりたいのですが、沸騰し、忙殺されている感です。ああ。

中洲の貴賓館で撮影
「アルチュール・ランボー詩と手紙」

2020年7月22日(水)

ランボオの福岡旅行記です。現在撮影中で編集中。そして夏場のランボオは初めてです。じんわり暑いので、終了後は花野組福岡、博多豚骨ラーメンを食べに行きました。塩味を求めていますね。

押入れの安全性を
暑くても重視する猫

2020年7月21日(火)

大勢の学生たちと映像や演技の仕事をしている時、今までのことは当たり前ではなかったと、あらためて思い、現在を愛しく思う心境です。もう映画なんか誰も取りたくないんじゃないかと思ってたけど、そうではなくて良かった。

蒸し暑さに
猫は負けない

2020年7月20日(月)

ランボオの福岡旅行記PV撮影予定でしたが、雨天などで中止。梅雨がいつまでも終わらない感じです。私のアパートのこの場所を野良猫たちが気に入っており、大家さんが結果的に防犯用ライトなどを周辺に設置。今のところ効き目がありません。

劇場の
復活を夢見る

2020年7月19日(日)

市民芸術祭へ向けての稽古が行われています。舞台クラスターの騒動で、私も揺れました。でも今は粛々と稽古して作品に向かうことにします。12月のことはまだ誰にもわからないからです。稽古の帰りにシャトレーゼのアイスを食べましたが、車中で大きな虹と遭遇!

作家塾でのプロット
3ヶ月間が勝負です!

2020年7月18日(土)

マスクでの授業も定着してきました。作家塾は人数が5名前後なので大丈夫ですが、これが大勢の学生となると誰が誰なのかわかりません、目だけで表情を読み取るのも微妙で、逆に気を使わなくて良いかもしれません。

昭和風
手作りプリン

2020年7月17日(金)

中々梅雨が空けない分、涼しい博多です。朝から主人が作ったプリンを食べています。冷蔵庫で冷やした固めのプリンは良いですね。

渡り鳥シリーズ
の私をお楽しみください!

2020年7月16日(木)

映画「Soul of Love(監督 hananoj花野純子)」は梅雨に入るまでに予定通りの撮影をこなし、ランボオをクランクインできました。ランボオと違ってサイレント映画ですから、ある意味楽しいです。海風に吹かれる長髪が昭和の男らしい感です。たぶん。

ランボオ
海に現れる

2020年7月15日(水)

もう大慌てでロケハン、カメラテストに繰り出した花野組福岡です。ランボオの衣装を久々に着た私ですが、そういえば髪も金髪じゃないし、曇天だし、でもリボンを結び直し、屋外へ飛び出したのです。

博多の歓楽街、中洲ロケハン中
「アルチュールランボー詩と手紙」

2020年7月14日(火)

映像とアクターの授業を終えてロケハンへ。梅雨の湿気と学生の熱気でバテたか、むっちゃんバーガーで休憩し、缶ジュース2本飲み干し、天神へ。ランボオの納期は1ヶ月。自転車操業的にロケハンと撮影を繰り返す事になりそうです。

「アルチュール・ランボー詩と手紙」
福岡を旅するPV撮影開始

2020年7月13日(月)

「アルチュール・ランボー詩と手紙」が、ランボオ福岡の旅としてPVになります。うれしい。うれし過ぎます。これまで苦労の多かったランボオがようやく報われたと言っても過言ではありません。しみじみマックのアイスコーヒーを啜ったのでした。

舞台の
未来は?

2020年7月12日(日)

朗読活劇だからソーシャルディスタンスとっての稽古なんですが、この数ヶ月マスクで表情を見たことのない共演者もいて、不思議なことに稽古がはかどった実感も得られず不自由です。エンタメとは程遠い現状ですが、初心に返ってそれでも実行する意味を考えたいです。

作家塾
コロナと水害の中

2020年7月11日(土)

講義の場所を間違え、自宅→天神→高宮と、自転車を飛ばしたのでした。博多はギリギリ雨でなくて良かったです。大牟田方面の受講生の方は欠席。西鉄も昨今はよく止まるようになりました。生命を脅かされる時代の中で、作家の在り方も変わってくるでしょうね。

ランボオ
満面の笑み

2020年7月10日(金)

今年1月にアンスティチュフランセ九州で上演された「アルチュール・ランボー詩と手紙」その後はコロナの大波でもう今年は出番がなくて当たり前だと思ってました。ところが、ここに来て再登場出来そうなのです。うれしい転機が訪れたのです。

映画館での撮影
ロケハン

2020年7月9日(木)

高校でのエンタメ授業後、『上映中の映画館』の撮影に見立てて劇場を借りることにしました。俳優2名とスタッフ2名の現場ということで許可が出ました。8月1日撮影予定です。

大濠公園の
ピンクの水蓮

2020年7月8日(水)

晴れ間があり大濠公園まで自転車に乗って、美容院へ行きました。髪を全体的に3センチほど切り、残された映画撮影に備え、現状維持したのです。その後、調子に乗って唐人町商店街で春雨饅頭など買い食いしたのでした。

信じられない
大雨が毎年

2020年7月7日(火)

やっと復帰した映像学課も大雨で休講に。自宅で映像編集したりしながら天気の回復を待ちました。夕方近くに一時的に雨が弱まり、車でマークイズへ行き食材など買いました。夜からはまた大雨。

エルネスト・ショーソン
「愛と海の歌」

2020年7月6日(月)

大雨で唐津市でのロケハンを中止しましたが、思った以上の大雨になり驚いています。自宅で編集作業中、クラシックを聴いてました。結局、ネットの世界になってから様々な曲に出会い、古典も聴いてます。ロシアとイスラエルのバイオリニストがお気に入りです。

クイズ
何の稽古でしょうか?

2020年7月5日(日)

12月に行われる市民芸術祭に向けての朗読活劇の稽古です。まだまだ稽古が始まったばかりです、私服で稽古するともう何の芝居だかわかりません。右は新メンバーのスズちゃんです。

7月の作家塾

2020年7月4日(土)

良いプロットが生まれつつあります。マスクが暑くてたまりませんが、何とか皆さん頑張ってくれて嬉しいです。欲を言えば今年は何らかの受賞を果たしたいです。

海から
現れる桐明

2020年7月3日(金)

 これまでの撮影分を編集して、すべて繋ぎました。この御時世ですから逆に丁寧に編集できそうです。クラシックのエルネスト・ショーソン という作曲家を知って、この映画に合うのではないかと、聞き慣れない楽曲を日々聴いています。

爽やかな
7月

2020年7月2日(木)

 午後から高校へ。今日は男子4名も参加。女子も4名揃って、バッチリの稽古です。今日も涼しく爽やかなお天気でした。猫も玄関先で風を感じているのです。

飯塚の
カラス夫婦

2020年7月1日(水)

 飯塚の畑を復活させたいと言うことで、主人が竹を切るのに、暇だからついて行きました。山は苦手なので、私は庭の草を取ろうかと。水を撒くのも好きです。虹が見れるし。ダイエットも兼ねて汗を流したのでした。

花野純子ProfileLinkIcon