カテゴリー
花野純子ブログ

2022年4月 BLOG

リトルアーティスト開花

2022年4月30日(土)

ポー「大鴉」翻訳の第一稿が完成しました。表現形態は、まだ決まっていませんが構想中です。作家塾は女子作家に大きく期待している昨今です、新しい女子文学者が生まれるのではないかと。


今日は寒かったね

2022年4月29日(金祝)

映像演技の仕事へ。暴風の中、遠くから来てくれた学生諸君、ありがとう。珍しく寒い日でしたが、夏物の白スーツを買いました。涼しそう。この寒さじゃ、すぐに着れそうにないのにです。


愛するミニ薔薇

2022年4月28日(木)

10年以上ベランダで育てているマザーズデイが、今年は、これまでになく多くの花を咲かせて、朝起きたら1番に観にいくのです。虫などいないかチェックし、ジメジメと可愛がっています。


博多が一番美しい季節

2022年4月27日(水)

新緑の香りで溢れています。博多はツツジが満開。マスクして自転車に乗ってても良い香りに包まれてます。夕飯の買い物は遠出して、ららぽーと近くの明治屋へ。今の季節を楽しんでます。


華やか朝食

2022年4月19日(火)

此処しばらく仕事も暇で、ノロノロ朝ごはんを食べている貴族のような私です。今日は1日シトシト雨でした。


食卓に参加したい

2022年4月25日(月)

スタッフYuko氏のお母さんからサクランボを頂きました。うれしいい。天気が良いので、自転車で打ち合わせに行き、マスクの下からストローでアイスコーヒーをすすったのでした。


「黒蜥蜴」第三幕の仕上げへ

2022年4月24日(日)

コロナで病み上がりのメンバーも復帰、それでもキャスト8名中2名欠席。演出家としての焦りもありますが、有意義な演出が立ち上がってきたと、特に雨宮と早苗はゴールが近いです。


コロの親戚風の野良猫

2022年4月23日(土)

今日は作家塾はお休みだったのですが、様々多忙で1日があっという間に終わってしまいました。たくさんの筍をお裾分けすることもできました。丸一日しとしと雨。


田舎の本棚の片付け②

2022年4月22日(金)

PDは筍を掘り、私は片付けを手伝いました。筍以外の収穫としては、20年前のトースターでしたが、掃除して持って帰ったことです。日本製品は優秀ですが、燃えんでくれ。


4月も後半です

2022年4月21日(木)

エンタメ部の高校生と本年のミーティングをしました。もちろん演劇はやるのですが、小説も書きたいと。10代から出会えば未来が違ってきます。種を巻く人になりつつあるかも知れない。


ららぽーと福岡!

ニコアンド。Bayflowなどお気に入りのお店もあり、見て回るだけでも大移動です。

2022年4月20日(水)

プレオープン日。ガンダム大きい!この距離では顔が見えないんです。竹下は静かな街でした。今華やかなざわめきに包まれています。今週末は九州中から人が集まるのではないでしょうか。


ワクチンからの全快

2022年4月19日(火)

先週火曜日に摂取して毎日夕方になると微熱で1週間どんより。今日になってふと爽やかな気分になり、買い物に出かける途中、鳥を3羽発見。写真撮る気持ちになったのでした。


チュールが距離を縮める

2022年4月18日(月)

専門学校のアクター男子が、劇団を立ち上げシナリオを書いていると言うことで、無料個人レッスンの中ですが相談を受け、15年ぶりに再会し、とても嬉しかったんです。頑張っておくれ〜。


お見舞いのお花

2022年4月17日(日)

専門のオープンキャンパスで映像演技の仕事でした。お花はお父さんがお見舞いに枝ごと切ってくれた花みずきと枝垂れバラです。重症だった様な勢い、ジリジリ元の私に戻っています。


作家塾の窓外

2022年4月16日(土)

新規受講生の方も無事に参加され、今月は6名の方が参加中。面白いのはドラマの主題の変遷を、福岡の定点でずっと見てきたことです。世の中の変化を肌で感じています。面白いですね。


手作り海老カツバーガー

2022年4月15日(金)

筍の時期で、PDと田舎に帰る予定でしたが、熱が抜けず家で翻訳作業などしてて、お母さんが手作りパンと海老カツと月餅をお見舞いに焼いてくれて、嬉しいい。食欲は健在です。


復活後のブルボン

2022年4月14日(木)

どうにか熱が下がったようです。高校エンタメ部新学期で大勢、集まってくれて本当に嬉しかったです。授業は通常通できましたが熱が残って寒いのに汗をかき夕方はカツ丼を食べたのでした。


高熱に驚く

2022年4月13日(水)

油断していた私は、昼も打ち合わせに出掛け、久々の悪寒に包まれ、帰宅して高熱に襲われました。自宅で仕事があり横になれず、そのまま、お風呂に入って熱を下げようと暴挙となり(続)


ワクチン3回め

2022年4月12日(火)

今日は汗ばむ陽気で軽い頭痛があったものの、夕方ワクチン摂取して仕事は休みでしたが最近夢中になっているポーの「大鴉」を翻訳し、微熱はあったけど特に異変はありませんでした(続)


やや雨模様の昼食

2022年4月11日(月)

昨日、稽古が終わってサッと帰ればよかったのに、明治屋へ立ち寄ってお買い物、それから疲労して今日は休みでしたが頭ボンヤリ。現在、ポーの大鴉の翻訳中です。


いよいよ秋本番に向けて

2022年4月10日(日)

山王公園近くの稽古場。演出の手が付いてなかった3幕に進んでます。予定していた大きな劇場から初演の赤煉瓦文学館へ戻ったことで、芝居の出来は5割といった所です。


作家塾、講義中

2022年4月9日(土)

コバルト短編新人賞を受賞できて、その先が見えてきました。短編を書く意味と長編へとジャンプしていく過程、それに準ずるプロットの描き方など。地道な努力あっての順風満帆が理想です。


足で撫でられるのを好む

2022年4月8日(金)

ポーの「大鴉」を勉強の意味もあって翻訳しています。古典の文学ですが物語の基礎でもあります。映画「アッシャー家の崩壊(シュヴァンクマイエル監督)」「悪魔の首飾り(フェリーニ監督)」これは私の映画のお手本で原作はポーなんです。


お父さんの本棚

2022年4月7日(木)

どのくらい昔の本棚でしょうか。田舎の家の2階には、私の舞台小道具大道具なども置き去りになっており、責任を感じて片付けています。今日はこれで終わらず(続)


田頭茶房

2022年4月6日(水)

久々にスタッフYuko氏と打ち合わせを兼ねて行きつけの茶房へ。お茶もケーキも美味しく上機嫌でしたが、コロナまた増えている福岡。もうしばらくカフェとサヨナラです(涙)


エドガー・アラン・ポー「大鴉」

2022年4月5日(火)

ポーの詩「大鴉」を初めて読んだのですが、すごく面白いんです。詩ですがロマンチックで狂気をはらんだサスペンスなんです。この詩をポー本人が暗闇でカンテラを持って読んでた、と!


日田と秋月の桜です

2022年4月4日(月)

日田のレストラン『木の花ガルテン』へ行きました。ドライブのコースとしては、朝倉、日田、秋月と桜を観ながらの楽しい一日。夕方の秋月は誰もいなくてびっくり。桜の見納めでした。


三島由紀夫「黒蜥蜴」に新メンバー!

2022年4月3日(日)

2名の新メンバーが参加し、更に賑やかになった「黒蜥蜴」稽古場。それぞれの役の完成度は上がっていますが、芝居全体の完成度は5割といった所でしょうか。演出を詰めたいと思います。


花野組福岡作家塾から、コバルト文庫短編新人賞受賞!おめでとうございます!

2022年4月2日(土)

花野組福岡作家塾の受講生の方が名誉ある新人賞を受賞されて、本当に嬉しいし夢のようです!帰宅して抹茶と柿の種を食べて一息入れたのでした。


クローバーを採取

2022年4月1日(金)

そう言えば今日はコロの11歳のお誕生日でした。おめでとう。今日は明治屋に買い物に行った以外は特に大きく動かず。開店前の、ららぽーとを通過して買い物に行くのが楽しいです。